読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画現場100ぺん

映画館で観た映画について語ります

ちはやふる上の句 -広瀬すずちゃんのひたむきな姿を煮詰めて濃縮した姿がたまらない

日本映画

はい、本日の映画はちはやふる上の句です。

綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいる。千早は新の“競技かるた”に懸ける「かるたで日本一、いや世界一になる」という夢に魅了されるようになる。やがて、新は家の事情で、故郷の福井へ戻り、三人は離れ離れに。高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で“肉まんくん”こと、西田優征、太一に次いで学年2位の秀才・“机くん”こと、駒野勉を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者二人がいながらも、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。部員で幼馴染の太一は偶然を装っているが、千早のためにトップクラスの進学校からわざわざ千早のいる瑞沢高校に編入していた。それほどまでに千早を思っていても、思いを伝えることができない。それは新の存在があるからだった。千早と新のかるたを通じてうまれた絆を強く感じていたからだ。東京都決勝戦。プレッシャーの中、委縮してしまうメンバーたちは決勝戦を勝ち抜くことができるのか。そして千早は再び、新とかるたを競い合うことができるのだろうか。千早、新、太一の関係はどう変わっていくのだろうか。

 

 

 

広瀬すずちゃんのひたむきな姿を煮詰めて濃縮した姿がたまらない

なんといってもこの作品の広瀬すずちゃんのかわいさが見どころのひとつですね。どの瞬間を切り取ってもすずちゃんはかわいい。すずちゃんをひとことでいうならば、青春のかたまりとでもいうのでしょうか。高校時代のなにも考えないでひとつのことに突っ走るひたむきな姿を煮詰めて濃縮した姿が、走り、汗をかき、笑う。「海街diary」で見せたサッカーシーンでも運動神経のよさをみせつけましたが、競技かるたでもその運動神経のよさがいかんなく発揮されています。それから漫画原作そのものの、白目をむくシーンも必見。怖くない。おそろしくかわいい。

 

なんの特徴もない普通の男の子を演じる野村周平君が実はすごい。

そしてもう一つ野村周平君が演じる、真島太一。野村周平君は本当に普通の男の子。なんの癖もない、優等生で、かるたもうまい。欠点はないけれど、この普通感が野村周平君にぴったり合っています。ほめてます。爪痕残すタイプの癖のあるタイプではないのですが、普通の男の子葛藤をこれほどまでにイジイジと悩む姿が逆に印象に残る。感情移入しづらいタイプでありながら、このイジイジ感は共感を呼びます。この後、下の句で太一がどんな成長を見せるのかも楽しみです。