読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画現場100ぺん

映画館で観た映画について語ります

ルーム―息子は絶望の中の大切な同志なのか?それとも憎むべき監禁男の遺伝子を引き継ぐものなのか?

北米映画

はい、本日は『ルーム』です。最近、監禁されていた女性の話があったりしましたが、監禁で生じる、社会と隔絶された世界の不思議な生活と、そこから放たれた時に起きる目もくらむような社会の目まぐるしさについての物語です。

 

物語は、5歳になったばかりの男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)がすむ部屋から始まる。小さな男とその母親の会話は普通の親子の会話のようでもあるが、二人が住むのは外から鍵がかかった納屋の中。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も前から監禁され、この7年の間に出産を経験し、その子供を育てていたのであった。生まれたときからこの閉鎖空間で育った息子にとっては、テレビと母親から聞く話が社会とつながる小さな窓口であり、ほとんど社会とふれることなく成長していたのだ。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、ジャックのせまい部屋から脱出させようと計画する。ジャックはジョイの思惑通り、部屋を脱出することができるのだろうか。そして外の世界にふれたジャックに世界はどう映るのだろうか

 

 

脱出劇のお話しかと思われますが、「脱出」を綿密に描くというより、脱出前と脱出後のジョイとジャックの生活が描かれていきます。前半の異常な監禁という状況でありながらジョイとジャックの関係性はあくまでも普通の親子のあり方として描かれています。この先にずっとこの閉鎖空間で二人だけで生きていかなければならないという、ゆるい絶望の中、同志として、普通の親子以上にお互いを必要不可欠な存在として生きています。

 

一方、二人の間に入ってくるオールド・ニックは身勝手な欲望のためにジョイを監禁した男であり、ジャックを自分の子供というよりは、ジョイの同居人レベルとしてしか興味をしめしません。またジョイもオールド・ニックがジャックになにか影響を与えることを極端に嫌がります。ジョイにとってオールド・ニックは監禁した人間であるだけで、ジャックの父親として認識することはありません。もしかしたらそうしなければ、ジョイはジャックを愛することができなかったのかもしれない。

 

後半にジョイの父親がジャックと対面するシーンがあります。ジョイの父親はジャックと対面することに葛藤します。大事な娘を監禁した犯人の面影を想像してしまうのでしょう。ジョイとジャックが二人だけですごした7年という年月はジョイの家族にもつらい7年であることは間違いのないことです。このシーンは決して多くの言葉で説明されません。しかし、最も身近な家族に起こった、言葉にできないぎごちなさを浮き彫りにしていきます。一緒にいても家族ではないオールド・ニック、離れて暮らしていながらも心配し続けた父、目に見ることのない関係性が可視化されていきます。その関係性が自分(観客)の中に入ってきたときに、ジョイやジョイの家族の痛みが感じられるときに、カタルシスを感じます。激しい脱出劇と思ってみると、全然違う展開じゃないか!と思われるかもしれませんが、だまされたとことがうれしくなる一本です。