読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画現場100ぺん

映画館で観た映画について語ります

ヘイル、シーザー!―コーエン兄弟のこぼれてあふれる映画愛

アメリカ映画

はい、本日は『ヘイル、シーザー』です。コーエン兄弟が描く古き良き時代のハリウッドを描くこの作品。しかも出演者はジョージ・クルーニーをはじめ、大物ぞろいです。それだけでワクワクします。

 

1950年代のハリウッド。スタジオの何でも屋(ジョシュ・ブローリン)は今日も忙しい。スタジオ内は問題であふれているからだ。超大作「ヘイル、シーザー!」のために様々な宗派のご意見番から意見を伺って、方向性を決めなければならない。はたまた主役級の俳優をすぐ手配しなければならなかったり、女優は妊娠したりと問題は山積み。そんな中、『ヘイル、シーザー!』に出演中の世界的大スターの主演俳優ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐されてしまう。ウィットロックを無事に救出するために何でも屋が動きだす。果たしてウィットロックは無事に救出されるのだろうか?そして犯人は誰なのか?

 

 

コーエン兄弟の愛と皮肉でできている

いやさすがコーエン兄弟ですよ。カテゴリーとしてはサスペンスになるとは思いますが、それだけで終わるものではありません。なによりもこの作品の愛すべき点はコーエン兄弟がハリウッドという世界を愛と愛情ゆえの皮肉で描いているということ。

 

劇中にある航空会社がなんでも屋の高い問題処理能力をかって、ヘッドハンティングにやってきますが、「うちの会社は本物だ。現実がある。」と言います。なんでも屋が生活をしているのは虚構の世界。スタジオでは超大作やら、ロマンスものやら、ミュージカルもの、ファンタジーもの、西部劇などが同時進行で撮影されていますが、それはどれも虚構の世界です。そんな虚構に生きることになんの意味があるのか?この作品の色々な問題を通して、その問いかけに対する答えが出ます。

 

劣悪な労働環境の中で起きる問題やスキャンダル。表面的にはいい顔しているけど、裏では相当タフな映画の世界。コーエン兄弟自身が思っているであろうハリウッドの不満をチクリと皮肉たっぷりに語ります。有名俳優だから使わなければならないんだけど、発音どうしてもなおさなきゃいけないとか、大がかりなスタジオの中で撮影をしたファンタジー映画のプールのシーンの裏ではどす黒い会話があったり、ミュージカル映画の主人公は実はある事件につながっていたり。カメラの外は大変なことになっている。

 

しかし、しかしですよ。大変だけど実際にあったであろう撮影の苦労話が作品を通すとなんだかそれも含めて愛しいものに変わっていく不思議。そこに映画への愛情がたっぷりと込められいます。ぜひ超大作のワンシーンもありますから大画面で観て、笑っていただきたいです。